公認会計士の専門学校の上手な選び方について

公認会計士の資格は、取得難易度が非常に高くなっています。
日本で最難関と言われている弁護士の資格試験と同レベルの難易度とも言われており、誰でも取得できるような簡単な資格ではありません。
試験範囲は膨大でありながら、単語を記憶しているのは当然で、しっかりと内容を深く理解していないと回答することができないような問題が多く出題されます。

公認会計士の試験をクリアするためには、専門学校や予備校に通う必要があります。
もちろん独学でクリアしているかたもゼロではありませんが、非常に希少な存在で、合格率は決して高くありません。
しっかりと試験を想定してカリキュラムを組んでいる予備校や専門学校に通うことで、効率的に試験勉強をすることができるようになるのです。

公認会計士の専門学校や予備校は色々とありますので、選ぶのがとても大変だと思われるかもしれません。
まずは、授業料と合格者の人数、合格者の割合などで取捨選択するのが簡単です。
ある程度絞ることができたら、オンライン講座の有無や、口コミなどを調べるなどして、情報収集します。
個人的には、合格率が高く、オンライン講座もあるCPAのようなところを選ぶと、失敗もなくおすすめです。