ヤマナカゴーキンの匠が光る生産技術

物作りが盛んである日本は、さまざまな物を作り出しています。
ヤマナカゴーキンも、創業以来50年余りですが常に品質を第一に考えている金型製品を作っています。
金型という物は、様々なものを作りだすための型であり、大量に作り出すための大切な基盤でもあります。
金型が良ければ、良い製品を作り上げることが出来るというほど、重要な責任を担った物でもあるのです。
金型製作に必要なのは、加工技術と切削加工に研削加工、電気加工に仕上げ加工をすることです。
そして、製品を作り出すだけでなく精度と寿命を良くするためにメンテナンスも行うということもしています。
良い物を作り出すために、技能とノウハウの積み重ねを伝承して行く事をヤマナカゴーキンはしています。
金型設計や高度な測定技術を持ち入り、品質管理体制も行っています。
良い物を世に送り出すために、ヤマナカゴーキンは匠の力で星団をしているのです。
まさに、現代の匠の力が光る企業とも言えましょう。